雑学好き必見!クリスマスツリーの星には理由があった!?その理由とは…

夏も終わり、ハロウィンが終われば、次のイベントは、クリスマス!!ということで、今年もクリスマスツリーの準備をしようとしていると星がポトリ・・・

 「あれ?そう言えば、この星ってなんでついているんだろう?」

気になりだしたら夜も眠れない記者が徹底的に調べました!ということで、雑学好きにしてカトリック系幼稚園卒の記者が、雑学好きの同志に、クリスマスツリーの天辺にある星にまつわる雑学を紹介します!

星の由来はキリスト誕生!?

知っての通り、クリスマスはキリスト誕生の日とされていますが、実は、クリスマスツリーの星にもキリスト誕生が関係しているのです!

キリストは、新約聖書のマタイ福音書によると、星の輝きにより誕生を知らせたとされていますその星を頼りに、東方から三人の賢者がはるばるキリストに会いに行ったそうなのですが、この星こそが、お察しの通りクリスマスツリーの星の起源です!!この星は、ユダヤ教の救世主はベツヘレムで生まれるという予言から「ベツヘレムの星」とよばれ、今もそのシンボルとして、クリスマスツリーの天辺に飾られているというわけです!

ちなみに、私の幼稚園では、このキリスト誕生を題材にお遊戯をしました!配役は、賢者に星の方角を聞かれる羊飼いというチョイ役でしたが(笑)

というようにカトリック界隈では、桃太郎クラスに有名な話がクリスマスツリーの星の起源でした!

「ベツヘレムの星」には科学的な説があった!?

星の輝きにより誕生を知らせたなんてないないWWというあなたのために科学的な説を紹介します!

代表的なのは、天文学者のケプラーが提唱した「木星と土星の接近説」です。これは、同じ年に三回、木星と土星が接近して大きな星に見える「三連会合」という現象が、「ベツへレムの星」であるとする説で、紀元前七年に起きたとされています。ただ、この説にも歴史に合わないという反論があり、支持しない方もいるそうです。

個人的には、当時のイスラエルでは、木星は幸福の星、土星はイスラエルの星とされていたため、その二つが重なり大きく輝いたときにキリストが誕生したというシナリオは、ドラマチックで夢があるので、この説を支持しています!

おまけ キリストと同じユダヤ人で活躍している方々

ユダヤ人といえば、世界の0.2%の人口でありながら、ノーベル賞受賞者の20%以上を占めるということで知られています!

そこで、ここでは、おまけとしてユダヤ人で現在活躍している方々を紹介します!

まずは、言わずと知れたフェイスブックCEOマーク・ザッカーバーグ!

曽祖父がユダヤ人で、家庭もユダヤ教とのこと!

一時は宗教に疑問を持つも、今ではユダヤ教の教えが非常に重要だったと考えているようです!

 お次は、『スター・ウォーズ』などで知られる女優のナタリー・ポートマン!

彼女は、ハーバード大卒で、五か国語を操る才色兼備の女優として有名で、『世界の最も美しい顔』

で二度トップに輝いています!

国籍もアメリカの他にキリストと同じイスラエルに持っているとか!

 他にも、Google創設者のラリー・ペイジ、セルゲイ・ブリンにFRB議長のイエレンなど数々のユダヤ人が現代でも活躍しています!

まとめ

今回は、クリスマスツリーの星の名前と由来とそれにまつわる説について紹介しました。

最後に、この内容を簡単にまとめますと、

・あの星の名前と由来は・・・

「ベツヘレムの星」と呼び、キリスト誕生のときに大きく輝いた星に由来する。

・その輝きとは・・・

一説によると木星と土星の接近

ということでした!!

みなさん、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です