クリスマスにチキンってなんで食べるの?

クリスマスにチキンを食べる理由とは?

クリスマスが近づいてくると、スーパーマーケットの店頭では、丸ごとのローストチキンや、鳥足が売られ、また、某有名ファーストフード店では、大盛況でチキンを売っていますよね。
その起源や、理由など、皆さんはご存知でしょうか。
今回は、その理由などについて、以下にて説明していきましょう。

クリスマスにチキンは日本だけ?

元々、このチキンを食べる習慣は、日本から発生したわけではなく、アメリカ合衆国からで、先住民が、ヨーロッパから渡ってきた移民に七面鳥を歓迎のしるしに振舞ったことが起源となっていると言われています。
七面鳥は、その大きさもさながら、丸焼きにすれば、かなりの数の人のお腹を満たしてくれたため、一石二鳥だったのでしょう。
しかしながら、日本では七面鳥はそれほど人気ではないのと、また生産がないので、代わりにチキンとなったようです。これを利用したのが、ケンタッキー・フライド・チキンですよね。今では、クリスマスの代名詞にもなっているくらい、クリスマスはこちらでチキンを買う方が多いのではないでしょうか。

最近のクリスマス事情

最近では、クリスマスにチキンを食べるところもあれば、中には、本来はクリスマスまで行っているものではないものの、形を変え現在日本で定着しつつある、クリスマスマーケットにて、グリューワイン(ホットワイン)を飲んだり、プレッツェルと呼ばれる、塩気の効いた(砕いた塩が表面についている)パンなどを食したりする方も増えているようです。
この、クリスマスマーケットは、ドイツが発生の地ですが、クリスマスの前日までにはマーケット自体は閉じられ、クリスマスは家族で過ごすとされています。
日本はそれを改良し、クリスマス当日まで行うようにしているようです。

まとめ

皆さんは、今年のクリスマスはどのように過ごされますか。
例年通り、ケンタッキー・フライド・チキンでチキンを買って、家族でお祝いするという方もいらっしゃるでしょう。
もしくは、今までは宣伝効果のため、クリスマスにはチキンを食べたことがなかったけど、今年は食べてみようかな、という方もいらっしゃるかもしれませんね。
さらには、今年は、七面鳥を買って手作りのローストターキーを作るぞ、と意気込んでいらっしゃる方もいるかもしれません。
チキンを食べた後は、クリスマスプレゼントがお手元に届くようにサンタクロースにお願いして素敵なクリスマスをすごしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です