シンクの汚れ、意外にもお酢が効く?その方法と落とし方!

新築でお家を購入されたり、新しいアパートに引っ越したばかりの時は、ピカピカのシンク、油汚れのないキッチンがお気に入りだったりしますよね。
しかしながら、月日が経つにつれて、どうしても汚れてしまう、また汚れが取れなくなってしまうものです。
今回は、そんなシンク回りのシルバー製品にとても有効なお酢の使い方とその汚れ落としについて説明してきましょう。

お酢でこするだけ

シンクの汚れは、大体が水垢のせいです。
毎日洗剤を付けてこすっていても、少しずつ汚れが残っていき、気づけば斑点が一杯になっているということもあるかと思います。
この、斑点を取るのにお酢がとても効果的なんです。
用意するものは、食材に使うお酢と、新聞紙です。新聞紙は、使い捨て出来る、読み終わったものを使用してください。もし、新聞がない場合は、タオル、スポンジでも大丈夫です
一旦、シンク回りの水を綺麗にふき取ったあと、新聞紙にお酢をしみ込ませ、それをシンクにかぶせます
乾燥させてしまうと、新聞紙が取れなくなってしまうので、しばらく様子を見た上で、新聞紙を取り外し、さらに新しい新聞紙でまだ水気がある状態の時にゴシゴシとこすってください。
すると、簡単に汚れが取れます。

クレンザーよりも手にやさしい

台所のお掃除と言えば、どうしてもゴム手袋をはめて、完全防備で立ち臨んでしまいがちですが、お酢は体に悪いものではないので、素手で扱っても大丈夫です。こうすることによって、ゴム手袋の「ムレ」感がなくなって作業がしやすくなります。
また、汚れが水垢かそうでないかも、素手でこすっていると感覚でわかります。水垢ではなく、さびの場合は、さびがステンレス部分の上からのものか、それとも腐食してしまっているかを確認したうえで、処置をします。上からのものであれば、この時はクレンザーにて汚れを取りましょう。(お酢では効果が出にくいことがあります。お酢で試す際も、さびに影響が出る可能性があるので、必ず最初にさびの原因を調べてください。)
ステンレスの中からさびによって腐食している場合は、市販のさび止め等で処置をしましょう。(ひどい場合は、業者にお願いしましょう。)

まとめ

キッチン周りが綺麗になると、気持ちが晴れ晴れとして、料理をする気になったり、なんとなくコーヒーを作りにキッチンに行くだけでも楽しい気分になります。ぜひ、試してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です