英語のアクセントは国によって違う!その違いとは?

聞き取れない英語のアクセント


日本人だからと言って、すべての人の話していることが100%聞き取れることはありませんよね。
口ごもっている人や、時には今まで聞いたことのない言葉(方言)を使う人、また、イントネーションの違いで聞き取れない場合もあると思います。訛り(アクセント)にしても同様です。
れは、日本語だけではなく、英語でも同じことです。
日本人は、学校で英語を習う際に、「アメリカ英語」を習います。
最近では、ALTにオーストラリアやイギリス、アフリカ系の方も導入されているようですが、テキスト自体はアメリカ英語を参照しているようです。
日本人に馴染みがない、もしくは聞き取れないアクセントについて紹介していきましょう。

インド英語

インドは各地方によって言葉が異なるため、インド人同士でも英語でないと通じない場合があるくらい、英語が普及しています。
日本人には聞き取れないインド英語、それはなぜなのでしょうか。
私の知る限りでは、彼らの文法は正しいです。
では、何が難しいのかというと、このアクセント(訛り)です。
基本的にすべての単語がスタッカート付き?とも言えるくらい、伸ばす言葉がありません。(語尾は伸びますが。)I want to go to a toilet.(ア ウォ ゴ トレトー、極端ですが、このように聞こえます。)
このために、どうしても聞き取れなくなってしまいます。

イギリス英語(ウェールズ、リバプール、マンチェスター)、スコットランド英語

イギリス英語は、もしかすると馴染みがあるかもしれません。
また、アメリカ英語や、カナダ英語とはアクセントは異なるものの、よく聞けば聞き取れなくはないです。
ただし、ウェールズ地方、リバプール地方、マンチェスター地方の英語は、同じ単語であっても、そのイントネーションまた発音自体が異なることが多々あるため、さらに聞き取りが難しくなります。
酔っぱらった人が話す言葉が聞き取れない感覚と似ています。
スコットランドは、イギリスの北部に位置する国ですが、こちらの英語も訛りが強いです。
私が、今も忘れられない単語の一つに、「School(スクール)」があります。
これは、イギリス英語、アメリカ英語もそんなに大差ありません。スクゥールくらいです。
しかし、スコットランドはこれを、「スキィル」と言います。スキルについて尋ねられているのかと思い、話し続けるも会話がかみ合わなかったことがありました。
 

まとめ

この他にも、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド、カナダや、フィリピン、マルタ、フィジー、カリブ系の諸島など、英語を母国語(もしくは公用語)として使用している国はあります。
色々な人に会って、お話してみて、何が聞き取れて何が聞き取れないのか、ご自身の力試しをしてみるのも楽しいかもしれません。
一杯話して、どんどん英語に慣れていきましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です