いろんな英語の挨拶を紹介!「How are you」だけ使ってない??

英語の挨拶、「How are you?」ばかりだと、ワンパターン!

 
学校で習う、「Hello, how are you?」「Fine, thank you. How abou you?」ばかりを使っていては、外国人も飽き飽きしてしまいます。
そこで、バリエーションを増やし、「お、こいつは話しても楽しそうだな。」と思ってもらえるようになることが大切です。
様々な表現を学び、活用し、次の会話へとスムーズにつながるようにしていきましょう。
 

「How’s it going?」

これは、「How are you?」とまったく同じです。ただ、言い方が砕けただけです。
この後に別の話題を取り入れていくわけですが、大体は質問した側が返答が返ってきた時点で新たな会話をすることになるので、自分から「How’s it going?」と始めた場合は、次の話題(質問)を用意しておきましょう。
 

「How have you been?」

これも、「元気?」と聞くための質問文です。
この文に、「lately」という単語を足して、「How have you been lately?」とすると、「最近どうしてた?」としばらく会わなかった間に何か変わったことがあったか質問することが出来ます。
 

「What’s up?」

最近ではよく、「ワッツアップ ワッツアップ?」などと言って話しかけてくる外国人も多いかと思います。
関西弁の「儲かりまっかー?」みたいな感じで、返答には、定型パターンがあります。
Good, yourself?」「Not much. You?」(ボチボチでんなー。みたいな感じですね。)
このどちらかをサラッと言ってのけるとかっこいいですね。
 

「Fine, thank you.」だけでは物足りない!

元気?と聞かれて、いつも「Fine(元気です。)」では、ちょっと話が続きませんよね。(話したくない人には便利ですが。。。)
以下、表現を用意しました。気分に合わせて使ってみてください。
Good!(いいよ!)
Excellent!(めっちゃいいよ!)
Fantastic!(ファンタスティック!)
Not bad.(ボチボチ)
Bad.(悪いね)
Awful!(最悪)
 

まとめ

挨拶はとても大事です
また、コミュニケーションを取るうえで、この挨拶が出来ない人は空いても話してくれなくなってしまいます。
また、相手が「Bad.」だけ言ってきたときでも、「What’s wrong?(ワッツ ロング?この表現、どちらもwhとwrの発音が日本人には難しいです。」や、「Are you alright?(アー ユー オーライ?(オーライにもrの発音がありますね。。。)」などと話が終わらないように質問をしてみるのも良いかと思います
頑張って話しかけていくうちに、自然と話せるようになっていきます。
まずは話してみましょう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です